オール国産材で地産地消の家を建てるアーキテクトビルダー

Yutaka

[課題]

創業50年の埼玉県狭山市の工務店。先代の社長の急逝とともに、現社長がバトンを受ける。元々、大手ハウスメーカーや設計事務所から木造工事を請負う仕事が大半であったが、厳しい条件の仕事も多く、また工事のみ下請けという形では、自社の持つ特長も発揮しにくく、売上・利益ともに伸びにくい事業構造になりがちという課題があった。

[戦略]

木造住宅の施工技術に長ける大工職人がいることと、現社長(二代目経営者)が一級建築士であり、デザイン住宅への意欲も高いことから、「自社での直接受注」「設計・施工を一貫で対応」を目指していくこととなった。「西川材」と呼ばれる埼玉県産のスギ・ヒノキは、強度があり、風合いも素晴らしく、国産の優良木材であることから、地元の木材を活かした「地産地消の家づくり」をベースに、建築というハード面だけではなく、地元の小規模工務店だからこそできる、引き渡し後の「暮らし」をサポートすることを特長として打ち出していった。

[デザイン]

コンセプトを「Woody Days」と設定し、木に囲まれた日々を丁寧に提案していく、地域を知り尽くした「アーキテクトビルダー」として、ブランディングを実施。ロゴマークは、埼玉県の森林から川伝いに木材が運ばれてくるという、「西川材」の語源ともなった様を表現した。いわゆる工務店のWEBサイトにありがちな新築ピカピカ自慢の「作品集」や、よいところだけを語らせる「お客様の声」を排除し、引き渡し後のありのままの家族の日常を描くストーリーコンテンツを取材作成。集客は、コンテンツマーケティングを軸に、SEO対策、各種SNS、フリーペーパー、リアルイベントとも連動させ、認知を獲得。デザインの統一にこだわり、ブランドの世界観を点ではなく、面で表現していった。

[結果]

ブランディング実施から3年ほどで、下請け工事のみを請け負う工事業を完全撤廃、100%設計施工のアーキテクトビルダーへの変革を実現できた。現在は、自然ゆたかでありながら、都心へのアクセス性も十分な好立地でもある、埼玉県飯能市や日高市への移住者や二地域居住を希望する若い世代から人気が集まり、イベントや建物見学会では、常に予約満員の状態が続いており、「行列のできる工務店」となっている。

CLIENT
Yutaka(ゆたか建設株式会社)
URL
www.yutakakensetu.com
TOPICS
「日本のロゴ」掲載
「ジャパン・クリエイターズ 2017」掲載
「Responsive Web Design JP」掲載