株式会社それからデザイン

コンセプト

株式会社それからデザインは、「ウェブサイト」をプラットフォームとして、企業や商品、サービス等のブランドをつくるデザイン会社です。

商品やサービスの特徴と向き合い、ワークショップをしながら戦略を考え、具体的な企画にまとめ、ロゴマークをデザインし、キャッチコピーを書き、インタビューをして原稿にまとめ、写真や動画を撮影し、それを「ウェブサイト」の上にレイアウトをし、コードを書き、システムを構築し、サーバーにアップロードし、インターネットを通じて、そのブランドを届けるべき人たちに伝えていくことが、私たちの基本的な仕事です。その活動を私たちは「ウェブブランディング」と名付けています。

また、ウェブサイトを通じて、そのブランドに触れた人たちとの関係性を強くしていくために、CIツールやパンフレット等のグラフィック、オフィスや店舗等のインテリアやサインなど、「ブランドの接点」をトータルでデザインしています。

近年、「ブランディング」という言葉が広く使われるようになってきて、これまであまり馴染みのなかった業界やNPOや行政からも相談をいただく機会が増えてきました。しかし一方で、「ブランド」や「ブランディング」の意味をしっかりとイメージできている方は少なく、デザイナーやコンサルタントも、それぞれが試行錯誤している側面もあると感じています。実際に、私たちもこれまで、そして今でも、強いブランドをつくるための方法の研究と実践を繰り返しています。

その活動の中で、分かってきたことがあります。ブランドは、言葉やデザインや映像やストーリーなどを通じ、ポジティブな体験を積み重ねることで強いものに育てられるということです。そして、ブランドはウェブサイトを中心に構築することが最も理に適っているということです。

しかしながら、企業や行政は、ウェブサイトとの付き合い方が上手く行っていないと私たちは感じています。素敵な想い、素敵な商品やサービスは、ウェブサイトをたいせつに使っていくことで、しっかりと届けることができるはずなのに、その重要性に気づいていなかったり、乱雑なコンテンツで乱暴に売ろうとする残念なウェブサイトも多くあります。

ウェブサイトは、言葉や写真や映像や音声を使って、そのブランドの価値と魅力を総合的に表現できるメディアです。ウェブサイトに掲載するものをていねいにデザインし、ウェブサイト自体もたいせつにレイアウトして、届けたい人にしっかりと体験してもらう。

インターネットを通じて、そんな風にデザインが伝わっていけば、きっとブランドは強く育つ。私たちはそれを信じています。

株式会社それからデザイン 代表
ブランドデザイナー/ウェブデザイナー 佐野 彰彦

PAGE TOP