「歩くように座れる」腰痛対策椅子

balans synergy

人類が二本足で歩きはじめたのは約600万年前。コンピューターの発達と普及により、現代人は、長い歴史の中で類を見ないほど、「歩かない生活」が当たり前になっている。balans synergy(バランスシナジー)は、前後左右に適度に揺れることで、自然に姿勢がよくなり腰痛対策にもつながる“歩くように座れる椅子”。ノルウェーの発明家、ハンス・クリスチャン・ メンショールは、バレリーナが片足で回転しているときや、綱渡りをしているときの人の姿勢に着目し、前後左右に適度に揺れる構造の椅子を設計。バランスシナジーは、日本のSakamoto houseの技術力が加わって製品化が実現したもの。
ブランドコンセプトを「すわるほどに、 しあわせに。」と定義し、長時間座る現代人の生活に寄り添う腰痛対策椅子として、普及に務めている。

それからデザインでは、ブランド戦略、コンセプト作成、VI、スチール撮影、ライティング、Webサイト等のブランドデザイン全般を担当している。

CLIENT
株式会社プロダクトマーケッティングサービス(Sakamoto house)
URL
www.balans-synergy.com

PAGE TOP